猫の避妊手術 ~手術のメリット、デメリット~

ねこ

昨日、やっと触れるようになった ちゃびちゃんの話をしましたが、
早速明日、手術してきます!!!(゚`ω´゚)どーん。

いままで捕まえられなかったのでね…。やっとですよTT。

手術のメリット👇

  • 望まない妊娠を防ぐ
  • 他の猫とケンカする可能性が低くなる
  • 性感染症が拡散する可能性が低くなる
  • 望まない妊娠による野良猫の数を抑える
  • 飼い主にとって悩みの種となり得る発情行動を抑える

と、いろいろ理由はありますが、手術する理由は単純にホルモン要因や子宮原因の病気のリスク回避のためです。乳腺腫瘍は、ほとんどが悪性で死に至る病気ですし。(実際、わが家の犬は乳腺腫瘍になりました。手術して回復しましたが。)

あと実際、ちゃびちゃんがツラそうにしているのを助けてあげたいから、というのもあります。

発情期の間は、ずーーーーっと鳴いて鳴いて鳴いて、、、
寝ても覚めても、声が枯れても、狂ったように鳴いて鳴いて鳴いて、、、
これがほんとツラそうで( ノД`)シクシク…。
人間のエゴかもしれませんが、あの状態を知る親としては、助けてあげたいんです。

避妊手術のデメリット👇

  • 傷口が残る
  • しばらく体調を崩す
  • 太る (ほんとデス)

ほんとリアルに太ります。
カロリー消費量が30%減ということらしいんですが、ダイエットフード食べるかなぁ。心配だけど、健康のためにはやむを得ない。


明日は朝から病院だけど、がんばってこい ちゃびちゃん!泣。
無事帰ってきてね。お願いだよ。

在宅ワークのため一日中家にいるので、
何があっても即対応できるので、少しは安心。いや安心ではない。何もないでくれ。

👇セクシーショットを披露するちゃびちゃん

それじゃあバイバイ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました