犬と猫を一緒に飼う・共同生活の注意点は?体験談を紹介

いぬ

犬猫共同生活

犬 と 猫 って共同生活が出来るか心配されてる方、多いと思います。私も買う前はとても心配でした。

仲良くできるの?ケンカしないの?といった疑問について、わが家の犬&猫の共同生活の体験談、気づいた点などをご紹介します!

これはわが家に限った話かもしれないですが、実体験となるので、犬&猫を一緒に飼うか悩んでる方の参考になればと思います。

👇おもちゃにつれる犬と猫w

実態

・犬、猫 ともに 我関せず です。完全スルー。
・ケンカ?しません。見たことありません。
・近くにいることはありますが、遊びません。じゃれません。

理由

・お互いを全く違う種族と認識しているようです。

注意点

①お互いのエサを食べないように注意する
ずばり、犬が猫のエサを狙いますw逆はほぼないです。犬は雑食ですが猫は肉食です。必要な栄養素が違うのでエサは混同しないように気をつけます。エサをあげるタイミングをずらしたり、ケージであげたりと工夫してあげるようにしています。

②活動スペースを犬、猫それぞれで用意する
犬は静かな狭い住処を好み、猫は高所を好みます。わが家では、犬専用のケージ、猫専用のケージをそれぞれ用意し、好きなタイミングで出入りできるようにしているので、気づいたらケージで寝ている、、、ということが犬も猫もよく見受けられます。それぞれの必要となるスペースを与えるようにしています。ただ、生活区域を分ける…と言ったことはしていません。犬猫が並んで寝たりもしているので、そこまで厳しく分ける必要は無いと感じています。

③愛情表現を気に掛ける必要がある
単純に猫を褒めちぎるといぬが嫉妬に狂います。嫉妬の鬼わんこ。
愛情を注ぎたくたってちっとも受け取ってくれません。ツンツン猫。
…基本的にこの構図で成り立っています。必然的に立場が、猫>人間>犬になってしまうのは仕方ないのではないでしょうか。

縄張り意識

縄張り意識について触れておこうと思います。
犬・猫ともに縄張り意識は強く持っていると言われているようです。いろんなサイトで調べてみたところ、猫のほうが寝床などの縄張り意識が強いと紹介されていることが多いですが、わが家では犬の方が縄張り意識高いです。家への来客、ケージへの侵略など。反対に、猫が縄張り意識高いと感じたことはありませんね。

👇こんな感じで、雑魚寝してることも多々あります。近くにいてもなんにも気にしない感じ。これが日常です。(家がきたない…TT)

最後に

いかがでしたでしょうか?犬猫を一緒に飼うことの敷居が少し低くなったのではないでしょうか?

上にも書きましたが、『わが家の場合』の経験談になるので完全に信じ切ることは難しいと思いますが、参考までに。

それじゃあバイバイ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました